地域

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://wakayama.areablog.jp/jprblok0120p

投資信託の安全性

投資信託は、販売会社・運用会社・信託銀行などの機関がそれぞれの役割をしっかりと果たすことで成り立っている金融商品です。このため、もしもこれらの機関が破綻するような事態になってしまったら、投資信託は崩壊してしまうのでしょうか?



まず、販売会社が破綻した場合はどうなるのでしょうか?



販売会社は投資信託の取引をする際に窓口として、投資家とお金のやりとりを行いますが、預かったお金は販売会社を経由して、信託銀行が信託財産として管理します。



このため、たとえ販売会社が破綻しても、信託財産そのものには影響ありません。



保有していた投資信託は、別の販売会社に移管されて、移管先の販売会社で引き続き取引することが可能なのです。



では、運用会社が破綻した場合はどうでしようか?



運用会社は運用指図を行うだけで、信託財産の保管や管理は行っておりませんので、
運用会社が破綻しても、信託財産は運用会社とは別の信託銀行に保管されているため、信託財産に直接的な影響はありません。



運用していた投資信託は、他の運用会社に運用が引き継がれるか、繰上償還されることになります。



信託銀行が破綻した場合はどうでしょうか?



投資信託の信託財産は信託銀行が管理しておりますが、信託財産は信託銀行自身の財産とは区分して分別管理することが法律で義務づけられております。このため、信託銀行が破綻しても、信託財産に影響はありません。



投資信託は、破綻時の基準価額で解約されるか、他の信託銀行に信託財産が移管さて、投資家はそのまま投資信託を保有することができます。



このように、投資信託は、制度上、各機関が破綻したとしても、投資家の信託財産は保全される仕組みになっているのです。


株価変動のメカニズム


投資信託
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://wakayama.areablog.jp/blog/1000087043/p11616919c.html
金融 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
地域に関する話題
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 4 2168
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク