更年期を考える

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://wakayama.areablog.jp/kounenki

更年期障害がひどいとうつ病に

更年期障害が酷い場合、うつ病(気分障害には他にも、躁病や躁うつ病などがあります)になりやすいと言われているものですが、本当のことなのでしょうか?

結論からいうと本当です。

更年期障害になると毎日体調が優れないので、気分が塞ぎこんでしまいます。

結果的に生活をするのが嫌になり、そこからうつ病(本人だけでなく周囲のサポートが必要不可欠でしょう)を併発することも珍しくありません。

また、更年期障害は体だけではなく、精神的にも大きな影響を与えます。

不安、イライラ、焦り、気分の落ち込み、意欲の低下、集中力の低下、睡眠障害といったうつ病と似たような症状が現れます。

こういった症状が続いてしまったら本当にうつ病になってしまう場合もあるので、気をつけないといけません。

更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害が原因でうつ病を引き起こすケースは少なくないため、心のケアを怠らないようにしましょう。

一番大事なことは一人で抱え込まないと言うことなんです。

一人で治そうとすると大きなストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)を抱えてしまって、更に症状が悪化する場合もあるそうです。

最初のうちは病院に行って適切な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を受けるようにしてください。

ドクターの指示に従って治療を続けていれば、いずれ症状は改善していくでしょう。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://wakayama.areablog.jp/blog/1000084782/p11440726c.html
更年期

男性でも更年期障害になる?

更年期障害といえば、女性ならではの症状であると認知されていますが、実は男性にも更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害と言う物があるみたいです。

しかし、男性の更年期(日本産科婦人科学会の定義によると、閉経の前後五年間をいいます)は女性のように閉経など明らかな原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)がなく、人による違いが非常に大きいため、はっきりと更年期障害であると判断することが難しいようです。

男性の更年期(日本産科婦人科学会の定義によると、閉経の前後五年間をいいます)障害の主な要因としては、加齢による男性ホルモン(二次性徴を発現させますが、男性型脱毛症の要因になってしまうこともあります)の低下であり、年齢的に40代〜五十台がピークなんですね。このホルモンの低下により自律神経の働きが乱れ、気力が低下したり、排尿機能や男性機能の低下、不眠や不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)からの情緒の乱れ、倦怠感などの症状があらわれます。

さらに、男性の場合だと、仕事や職場などといった外部からのストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)、夫婦関係や子供との関係などと言った家庭内での(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)(過?に受け続けると、心と体の健康を損なってしまう恐れがあります)、肥満、運動不足等が男性ホルモンの分泌を妨げてしまうこともあります。そして、それにより男性ホルモンが減少し、更年期障害の症状を悪化させてしまう恐れもありますね。

男性は男性ホルモンの低下が40台〜50台に最も多く起こるので、この時期のことを更年期と呼んでいるのです。でも、人により、30代で男性ホルモン(テストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロストロン、アンドロステロン、アンドロステンジオン、エピアンドロステロンといった成分で構成されていますが、最も影響が強いのはテストステロンでしょう)の低下が始まり、更年期(日本産科婦人科学会の定義によると、閉経の前後五年間をいいます)障害の症状があらわれる人もいるみたいですよ。また、責任感が強く真面目で几帳面な人は、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)を抱えやすく更年期障害になりがちなと言われています。

他には、男性ホルモン(ステロイドホルモンの一つで、アンドロゲンとも呼ねれています)が大量に分泌され、みためも中身も男性らしい人が年を取って男性ホルモンの分泌量が急に減ってしまうと、その落差で更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害を引き起こしやすくなると思います。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://wakayama.areablog.jp/blog/1000084782/p11440725c.html
更年期

若年性更年期障害とはどんな病気

更年期障害とは、加齢が原因の卵巣機能の低下により、女性ホルモンの分泌量が飛躍的減少し、それにより自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)の働きが乱れ、めまいや頭痛、不眠等という症状を引き起こしてしまうことです。

更年期(人によって具体的な時期は畭なります)という名前の40歳〜55歳ぐらいの女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)にみられる症状なのですが、これと同じ症状が20代〜三十代の若い女性にも見られることがあります。これを若年性更年期障害といいます。


更年期(人によって具体的な時期は畭なります)障害では、閉経(骨粗しょう症になりやすいといわれていますね)が直接的な原因となります。でも、若年性更年期障害はなんらかの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)で卵巣機能が低下する事により引き起こされるのです。


もし、こういう状態を放って置くと、最悪の場合、若くして閉経(不快な症状に悩まされる人も少なくないでしょう)してしまう可能性もあるのです。何故、若い人でも卵巣機能が低下してしまうのかと言うと、時代の移りかわりと共に、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)への内的外的要因が増加してきているためです。

まず、太りすぎや痩せすぎといった過度なダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)やリバウンドが原因で、ホルモンバランス(崩れてしまうと、月経不順や不正出血の原因になってしまいます)が崩れ、生理不順を引き起こしたり月経が止まってしまうことがあるものです。

あと、アスリートなど激しい運動をする人は、食事制限や厳しいトレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)を行うため、精神的苦痛からのストレスなどでホルモンバランスを乱してしまいやすいです。そして、何より一番多い原因としては、過度のストレスの溜め込みがあるのでしょうか。仕事や育児、家事など、様々な要因で(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)を溜め込むことで、ホルモンバランスを乱してしまうのです。女性の社会進出の増加など、時代の移り変わりと同時に、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)を抱える女性が増えてきていますからしょう。

ホルモンバランス(女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌の調整のことをいいます)を崩さないのでにも、出来る限りストレスを抱え込まないようにして、規則正しく生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)をしていくことが大切です・


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://wakayama.areablog.jp/blog/1000084782/p11430160c.html
更年期

中田宏の横浜市長辞任の裏側

中田宏が横浜市長を辞任したことについて、あちらこちらで物議を醸しているようです。若手議員時代(テレビなどで映像が流れると、どうしてあんなファッションをしているんだろうなんて思ってしまいますが、今のファッションも?年後に見るとそう感じるんでしょうね)から中田宏は異質に写ったですね。しかしテレビなどで比較的知名度があった中田宏に対しても一部批判が高まったのは、やはり中田宏の一番の問題点なのです。日本の改革のためと新しい行政団体を立ち上げる中田宏ですが、任期途中で市政から脱却したその姿勢は、決して褒められるものではないかもしれません。体験の浅いトピック(撥弦楽器を演奏するための道具をいうことが多いです)が先行する人が、議員や知事、市長などに当選することは問題があるでしょう。中田宏は見事横浜市長に当選したのです。以前、横浜市長だった西郷氏や、高秀前市長とは中田宏は軽いトーンで裏がありそうであると一部から指摘されていた経緯があるんでしょう。横浜市民の中には、中田宏を横浜市の市長とは認めていない向きも相当数いるかもしれません。市営バスの系統を廃止にした中田宏は、横浜市改革を保持継続するのでに自身がさいごに取るべき態度は、あの時期での辞任であったと弁明しています。2期目途中での辞任の事由を以上のように中田宏は話しますが、全く釈然としません。





中田宏は、横浜市改革を保持継続するのでに自身が最後に取るべき態度は、あの時期での辞任であったと弁明しています。2期目途中での辞任の事由をこのように中田宏は話しますが、全く釈然としません。辞表を提示して受理された中田宏は、辞任事由として、中田宏スキャンダルというものが最近叫ばれているようです。中田宏浜市長は、任期を7か月も残した任期途中による辞任を表明しています。同時期に中田宏の女性問題が発覚しホステスに不倫関連を訴えられていたなのです。裁判中という中田宏のスキャンダルを知って実際に驚きを隠せません。中田宏とホステスとのスキャンダルは横浜市長辞任と関わりがあるかは疑問です。横浜市長を辞任する事由として、中田宏はあくまで横浜開港関連事業の区切りと衆院選と同日に横浜市長選をする事での経費節減を挙げていることでしょう。国政への転身は今のところ中田宏は否定しており、スキャンダルは辞任に関連ないといる向きがあるかもしれません。中田宏の愛人と力説する元ホステスが、横浜市役所で会見して市長に慰謝料の支払いを要求したことに端を発しています。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://wakayama.areablog.jp/blog/1000084782/p11396288c.html
更年期

健康豆知識

更年期(四十代以降の男性にも、男性更年期障害と呼ねれる症状が起こることがあります)を迎える女性にとって深刻な問題が肌のトラブル。

押すと返してくるのが肌の弾力感。これを操っているのは、あのコラーゲン(魚のアラや鶏の皮、豚足、牛すじなどに多く含まれています)、すなわち蛋白質だと言えますね。バネの役目をするコラーゲンがしっかりと皮ふを持ち上げていれば、肌は弛みとは無関係でいられます。

全身にあるリンパ管に沿って走る血液の巡りが鈍化すると、人体に欠かすことのできない栄養や酸素が配られにくくなり、その結果脂肪を定着させる大きな要因の一つになります。

ことに夜10時〜2時までの240分の間は皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)のゴールデンタイムと呼ばれ、お肌の生まれ変わりがより一層盛んになります。この240分間にぐっすり寝ることが何にも勝る美容(見られることが一番の秘訣という説も。引きこもりがちになって、他人の目を意識しなくなると、努力することが難しくなるかもしれません)術だといえるでしょう。


そうした時にほとんどの医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)がまず使うのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体である。外用抗菌薬も併用して使うと約6ヶ月で全快に導けたケースが多いと言われている。

美容雑誌でさもリンパの滞りの代名詞のように書かれている「むくみ(浮腫、浮腫みともいい、体の末端に水分がたまって腫れることをいいます)」には大きく分類(あくまでも人間による人間の都合に合わせたものともいえるかもしれません)して、体内に病気が潜んでいる浮腫と、健康面で問題のない方でも起こる浮腫があると言われている。健康に問題ある人におすすめなのが美チョコラコラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)です。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://wakayama.areablog.jp/blog/1000084782/p11392550c.html
更年期

  1  |  2  
このブログトップページへ
ブログイメージ
更年期を考える
今日 合計
ビュー 1 1449
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

おすすめリンク